ドロップショット

札幌テニス情報(テニススクール、大会、道具)と、テニス好きの雑記

M・シャラポワのドービング陽性

M・シャラポワが、記者会見予告をしていたので、まさかの引退宣言かと思ってました。

実際はそれより衝撃的な内容でしたね。

ドーピング検査で陽性反応

 

全豪オープンの際に、フェデラーや他のトップ選手も言及していたドーピング問題。

まさか、M・シャラポワが・・・

と衝撃をうけたのですが、10年前から健康のために摂っていたメルドニウムがひっかかったというNewsでした。

 

メルドニウムとは?

メルドニウム(meldonium、mildronate、THP、MET-88、Mildronāts、Quaterine[1])は、臨床で使われる抗虚血薬で、現在はラトビアの製薬会社のGrindeksで生産されている[2]リトアニアロシア連邦では用いられているが、アメリカ食品医薬品局では認可されていない。

 *Wikipediaより引用

 

狭心症や心筋梗塞の治療に使われる処方薬で、持続力向上、回復力向上、中枢神経機能の活性化による耐ストレス性の向上などの効果もあるとのこと。

 

メルドニウムは今年からの禁止薬物なので、これで引退するのは複雑な気分です。

プレーの質を向上させるためではなく、持病の治療または、疲弊した心身の回復のために使っていた薬だとしたら、ドーピングだ!と騒ぐ前にきちんと議論してほしいなぁと感じます。

 

確かにその後にダブルスで復帰する例もありますが、シャラポワはシングルで輝いて欲しいですよね。

 

女子プロテニス協会(WTA)からの処分はまだ発表されていないので、どうなるかとても気になるところです。

スポンサーリンク